(終了しました。)松本義幸 切り絵展 21(日)まで開催中!

  • ブックマーク

東京の夜景から和気町の草木に至るまで

様々な風景を繊細な切り絵で表現する切り絵師、松本さんの個展が、今月21(日)まで開催されています。
入場は無料です。


梅の花(和気町)

やなぎ(倉敷美観地区)

制作日数は、一つの作品で3〜4ヶ月ほどだそうです。


ほおずき


輝く瀬戸内(日生町)

作家さんにインタビュー

「どの作品も、元はごく普通の画用紙なんです。」
そう語ってくださったのは、作家の松本義幸さん。

画用紙の上に写真を貼って、切り出していくそうです。
その写真のほとんどは、自身が撮ったもの。
松本さんは、写真家でもあるんですね。

切り絵を始められたのは仕事をリタイアされてからだそうですが、それでは写真を始められたのはいつからですか?

「小学校から写真を始めたんです。最初は、紙を黒く塗ってネガを作るところから。デジカメの世代にはわからないかもしれませんが(笑)」

一番時間がかかった作品は、どれですか?

「千字文です。7ヶ月かかりました。」


千字文

「千の漢字が並んでいますが、一つとして同じ文字はありません。また切り絵ですので、全部繋がっています。」

文字なので切るのに失敗するとやり直しが効かないそうです。想像しただけで緊張してしまいます。

松本さんの実演が見れます。

会場では松本さんが新作を制作しています。

作家さんの制作作業が生で見れますよ。

制作しているのは、杉の林。かなり大きな作品です。

作業に打ち込む松本さんの姿が、とてもすてきでした。

和気図書館の2階が会場です。お子様連れももちろんOK


和気町(吉井川ロータリーの桜井)

基本情報

営業時間 10:00〜18:00
休館日

月曜日・祝祭日

住所

岡山県和気郡

和気町尺所2-7

 会場までのルート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします